未分類

置き換えダイエットって本当に痩せるのか?私が5キロ痩せた方法をまとめてみた

投稿日:

このダイエット方法は、1日3食のうち、1食もしくは2食をプロテインに置き換えることで、摂取カロリーを抑えて、高タンパク質を摂取して、痩せるというものです。このダイエットは、置き換えていない食事は今までと同様に食べれることができるので、あまり我慢しなくても痩せることができるような仕組みのダイエット方法です。置き換えるものを工夫したりしながら、食事を楽しみながら体重減少を目的としてる比較的気軽な方法です。

置き換えダイエットで食欲減少効果

1日3食をしっかりと食べていた人がこのダイエットをすると、今までの摂取量と比べてかなり減ります。体をしっかりと作るために食べているスポーツ選手など以外の人が、毎食しっかり食べてしまうというのは、お腹いっぱい食べたいという気持ちの部分の満足のために食べ過ぎています。その精神的満足度の習慣をなくすことができれば、食事量の改善につながります。この改善に適しているのが、この置き換えダイエットだと言えるのです。空腹と感じないようにすれば、あるていどの満足度を得られます。高タンパク質低カロリーの食事に置き換えることで、量を食べなくても体が満足することを習慣付けることができます。これにより摂取カロリーを減らし、体重減少に結びつけることが可能です。

体重減少がダイエットのモチベーション維持の秘訣

このダイエットは、急激な体重変化はありません。あくまで、食事の方法を変えているだけなので、続けることで、効果を期待するダイエット方法です。いかに長期間の置き換えダイエットを続けられるかというところがポイントとなります。持続が必要なダイエットに取り組む時には、モチベーションが必要です。ダイエットを始めると体重が気になり、毎日体重を計ってしまいがちですが、数日に一度測るように意識しました。そうすると、毎回体重が減っているで、モチベーション維持に効果的でした。毎日であれば減っていない日もある思いますが、数日間隔であれば、毎回減った体重を記録できるので、とても励みになります。これが、置き換えダイエットを成功できてコツです。

置き換えを楽しみながら続けること

ダイエットはどれもそうだとおまいますが、飽きてしまうことがダイエットを失敗すること理由のひとつだと思います。置き換えるものを工夫して、飽きないようにするのがコツだと思います。私の場合は、プロテインを中心に置き換えていたのですが、色んな味を使ったりしていました。味を選ぶなら楽しみや気分などで味を変えて楽しんでいました。他にはプロテインだと液体なので、噛むということしないので、どうしても食べた感が少ないです。それを補うために、たまに取り入れていたのが大豆メニューです。大豆は高タンパクな食品なので、置き換えには有効です。豆腐などのメニューを作り、ご褒美感覚で少し多いぐらいの量を食べていました。このようにメリハリがなくなりやすいので、飽きないように工夫することが、成功するためのポイントです。

-未分類

Copyright© RAMS2018 , 2019 All Rights Reserved.