未分類

脇の臭いを抑えるにはロール式の塗るタイプがおすすめ!どんな効果があるのかまとめてみた

投稿日:

私は、体臭はほぼしない方だと思いますが、やはり自身が臭いのではないかと過剰に気にしてますので、体臭対策には念には念をいれてます。
夏場は、汗拭きシートを持ち歩いたり、香水も常に持ち歩く程です。
しかし、駅のトイレやカフェのトイレなどで、ついでにと体臭対策をしようと思っても、プシューっと噴射出来るデオドラントスプレーだと、やはり周りへの配慮が少ない気がしてロール式に中学生の頃からシフトチェンジしました。

効果の程は、塗り心地もよく、体臭も抑えられてると思いますし、液体自体のニオイも臭くないので、気に入ってます。

汗拭きシートを使っていつでもどこでもさっぱり!

夏場は特に汗の臭いが気になる上に、湿気で肌はベタベタ・・・日焼け止めも塗っていてすぐにでもシャワーを浴びたいなんて日が続きますよね。
そんな時に“汗拭きシート”を使うようになりました。
トイレに行ったときにもこそっと拭けますし、会社の更衣室などで使ってもスプレーと違い、煙たくならないし処分するにも楽で重宝してます。
なにより、手軽にシャワーに入った時のような爽やかさが得られるのがメリットだと思っています。
香りも無香料なものから石鹸、フローラル、シトラスなど様々です。
私は、クールタイプが好きで、拭いたあとからスーっとする感じがたまらなく好きなのです。
風がある日は最高ですね。
持続力は少ないですが、即効性という意味では最高です。
どこでも手に入るのも大きな利点ですね。

ロール式を使わないとベタベタして不快な気持ちになる。

夏場は、体臭が気になるのは、男女共に悩みだと思います。
私も自分が臭いと思われてるのではないかと、バスや電車、お店などで常に冷や冷やしてます。
ですが、なによりも不快なのが、汗のベタベタ感です。
なぜそうなるかは不明ですが、汗をかいてるからでしょうね。
汗拭きシートを忘れた日は、接触されたり、したりするのが苦手で困っています。
なので、不快な思いをしたり、させたりしないためにも注意を払っています。
ベタベタ感は夏場はもうどうしようも無いと割り切ってますが、やはり不快には変わらないので、忘れ物しないようにチェックしてから外出するようにしてます。
ベタベタ感は体質なんでしょうか・・・時折、ニオイより気になることもあります。

外出時の使用場所を気をつけないといけない

臭いと思って体臭対策をするのは結構だと思うのですが、使う場面には気をつけないといけません。
スプレーは場所によって煙たがられてしまうからです。
他のアイテムはそんなに気をつけることは無いとは思いますが、スプレータイプは要注意ですね。
今は煙が少ないものがあるそうですが、使用中のニオイが・・・とも思います。
連続使用で、肌が荒れた経験などは無いので、体質的な意味での使用上の注意点やデメリットは感じたことはありません。
汗拭きシートは、ゴシゴシと拭きすぎると肌に良くないと思ったので、出来るだけ優しく拭き取るように心がけています。
これから夏がくるので、肌にもよく周りにも迷惑のかからないアイテムがないか探してみようと思います。

-未分類

Copyright© RAMS2018 , 2019 All Rights Reserved.