未分類

服についた体臭は酸素系漂白剤でしっかり落とそう!やり方など注意点はある?

投稿日:

洗濯に気を付けることでも体臭予防は可能です。夏場に汗を長時間放置した後の衣服は、雑菌が繁殖し、普通に洗濯しただけでは臭いが取れません。再び汗をかくと臭いが復活してしまいます。衣服に染みついた汗臭による不快な臭いは、漂白剤を利用することでかなり改善します。洗濯の際に、バケツを使いぬるま湯に洗濯ものを入れ、酸素系漂白剤を入れて漬け置きます。その後普通に洗濯するだけです。生乾きの臭いもなく、清潔な衣類になります。体臭自体がきつい人でも、清潔な衣類を身に付けることで、周囲の人々が感じる匂いはかなり改善されます。

酸素系漂白剤なら色落ちの心配もなし

ポイントは、塩素系漂白剤ではなく、酸素系漂白剤を使うという点です。塩素系漂白剤は強力な効き目ですが、塩素の匂いがきつかったり、色落ちしたり衣類が劣化しやすいというマイナスポイントがあります。その点酸素系漂白剤なら、匂いもマイルドで色落ちの心配もありません。仮に漬け置きしたのを忘れて長時間放置してしまっても安心です。
この洗濯時に酸素系漂白剤を使うという方法は、体臭そのものを無くすのではなく、衣類の清潔を保つことで臭いの元を絶つという方法です。ですので香水やデオドラントスプレーを使った対策よりも根本的なものになります。洗濯の際にひと手間加えるだけなので手軽ですし、金銭的な負担も少なくて済みます。手軽に劇的な効果が期待できる方法です。

対策をしなかった場合、汗をかくたびに生乾きの臭いがします

汗を長時間放置した後の衣服の臭いは、一度ついてしまうとなかなか取れません。普通の洗剤で洗濯しただけでは、洗濯直後は臭いが取れたと感じても、半乾きの段階からまた臭いが出始めます。そしてその衣類を着て再び汗をかけば、また同じ臭いが出てしまいます。体臭、特に汗臭に悩んでいる人の中には、汗そのものはそんなに臭いがしないのに、その後の対策をしなかった為に衣類に臭いが染み込み、結果として体臭が気になってしまうというパターンの方も居るはずです。体臭自体はそんなに無いのに、自分は体臭があるような気がして、何となく外に出たくなくなったり、人と近づく機会を避けたり、アクティブなことができなくなってしまうのは残念なことです。

酸素系漂白剤、マイルドな効き目でも長時間の漬け置きは避けて!

酸素系漂白剤は、塩素系漂白剤よりもマイルドな効き目ですが、臭い対策効果は十分なものです。とは言ってもあまりに長時間漬け置きすることは避けて下さい。ある一定の時間以上は漬け置きしても意味が無く、逆に衣類を痛める原因にもなります。また原液や漬け置き液にはなるべく直接触れることは避けたいものです。手が荒れる原因になります。
また液体ではなく粒状の酸素系漂白剤もあります。粒状のものは水温が低いとなかなか溶けません。効力を発揮させるにはお湯で溶いてから漬ける必要があるので、少し手間が要ります。漬け置きの水自体をお湯にしても良いでしょう。
また面倒だからと漂白剤だけ使い、その後洗剤や柔軟剤で仕上げない場合は、洗濯物がゴワゴワになってしまいます。

-未分類

Copyright© RAMS2018 , 2019 All Rights Reserved.